SIMフリー版Venue8 ProをOCN ONEで使う

SIMフリー版Venue8 ProでOCN ONE

今回はVenue8 ProのSIMフリー版でOCN ONEなどのMVNO回線に接続する設定について書いてます。
それほど難しいことはないのですが、DELLはこの機能について特に詳しくサポートする気が今のところないそうで、困っている人もいるかもしれないので。

本当に便利なんでSIMフリー版を持ってる人も、これから買う人も試してくださいね。

一応うちにはOCNが提供しているOCN ONEというサービスのSIMが2枚あります。
片方は通信だけ、もう一方はSMSにも対応しているものです。

どちらもVenue8 Proに挿して実際に試しましたが、無事につながりました。

手順としては先ずはSIMを挿しておいて、SIMが認識されているのを確認したら以下のようにします。

MVNOの設定

【接続先の種類】
Moperaなど何種類かありますが、カスタムを選択

【アクセスポイント(APN)】
OCN ONEの場合は契約時に2種類割り振られると思うのですが、Venue8 ProがLTEに対応していないのでlteではじめるものではなく、3gで始まるものを使用

【ユーザー名】
OCNから認証IDという名称で割り当てられたもの、@以降も含め全部

【パスワード】
これは普通に認証IDに対するパスワード

【認証の種類】
いくつかありますがOCNが推奨しているCHAPを選択

これだけで「次へ」進めばつながるはずです。

OCN ONEに接続済み

たぶんですがOCN ONE以外のサービスでも設定はさほど変わらないと思います。

2013年末頃かWindows8.1の8インチタブレットが数社からでました。
その中でもDELLのVenue8 Proを選んだ理由の一つにSIMスロットがついているからというものがあります。

うまくつながっているおかげで、いちいちスマホのテザリングをつけたりしなくても無線LANがない場所でもネットにアクセスできています。

これだけでVenue8 Proを買った甲斐があるというものです。(セキュリティー的な話とかはさておいて)

手元にSIMフリー版Venue8 Proがある人はせっかくの週末、設定を済ませて外で使ってみるといいかもしれないですね。

[amazonjs asin=”B00EQ12AYS” locale=”JP” title=”NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670″]

 [amazonjs asin=”B00GN5YR64″ locale=”JP” title=”Dell Venue 8 Pro 64G WiFi Office H&Bモデル ブラック(Atom Z3740D/2GB/64GB/8インチWXGA/Office H&B 2013/Windows8.1 32Bit) Venue 8 Pro 13Q41″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です